ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
724日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

四国高校選手権 サッカー

10人でも下向かず 松山東雲 初戦で力尽きる

2019年6月16日(日)(愛媛新聞)

【女子1回戦 松山東雲―香川西】後半、相手と競り合う松山東雲・井上もえ(右)=グリーンフィールド新居浜

【女子1回戦 松山東雲―香川西】後半、相手と競り合う松山東雲・井上もえ(右)=グリーンフィールド新居浜

 部員12人で3年ぶりの四国高校選手権に挑んだ松山東雲は、初戦で香川西に敗退。全国高校総体への出場はかなわなかった。

 この日松山東雲のスタメンに名を連ねたのは10人だけだった。元々選手数が少ない中で故障者が出たため、厳しい条件で試合に臨まざるを得なかった。

 「1人少ない分は全員でカバーするつもりだった」(宮家主将)と粘り強く勝機を探ったが、前半8分に先制され、相手の勢いを押し返せなかった。

 終始攻め込まれる苦しい展開になったが、選手は最後まで声を絶やさず、仲間を鼓舞して1点を目指した。谷監督は「この姿勢を見て、次の世代に続いてほしい。みんなが下を向かずに戦いきったことを褒めたい」とねぎらった。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。