ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
717日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

小学生がさまざまなスポーツを体験

松山でキッズスポーツクラブ始動

2019年6月16日(日)(愛媛新聞)

笛の音を聞いて一斉に走りだす児童

笛の音を聞いて一斉に走りだす児童

 小学生がさまざまなスポーツを体験することで運動神経の発達や社会性の習得などを目指す「まつやまキッズスポーツクラブつばさ2019」が15日、愛媛県松山市市坪西町の市中央公園で始まった。11月まで計10回開催し、テニスやエアロビなど8種目に取り組む。

 松山市スポーツ協会が主催。市内の小学1~3年生約100人が応募した。

 子どもたちはこの日、2班に分かれて陸上とサッカーに挑戦。陸上の班は進行方向と反対向きに座り、笛の音を聞いて走りだすトレーニングにチャレンジし、瞬発力を養った。

 父親の勧めで参加したという余土小3年の男子児童(8)は「みんなで協力して頑張れるのが楽しい。速く走れる方法も身に付けたい」と意欲的。父親(44)も「家ではテレビや動画を見てしまいがちなので、もっと運動を好きになるきっかけになれば」と話した。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。