ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
129日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

松山でタンデム自転車を楽しむ

風爽快サイクリング 障害のある子どもら体験走行

2019年6月15日(土)(愛媛新聞)

タンデム自転車やハンドサイクルで爽快に走る参加者

タンデム自転車やハンドサイクルで爽快に走る参加者

 複数で乗るタンデム自転車を楽しむイベント「サイクルチャレンジ」がこのほど、松山市市坪西町の松山競輪場であった。単独では自転車に乗れない障害者や家族ら計約200人が、爽やかな風を切って走る体験を満喫した。

 自転車を通じ障害者を支援する同市のNPO法人「タンデム自転車NONちゃん倶楽部」が、市の委託を受け2014年から催している。

 日本競輪選手会愛媛支部の選手やボランティアら約150人が、タンデム自転車を運転するパイロットなどとしてサポート。参加者は後部席にまたがったり、手でペダルをこぐハンドサイクルに乗り込んだりして、パイロットや家族と一緒に爽快な走りを楽しんだ。

 重い障害のある人が座った状態で乗れる特製の三輪自転車も登場し、走り終えた子どもたちは「気持ちよかった」と笑顔を見せた。

 肢体不自由で車いすを使っているしげのぶ特別支援学校高等部3年の女子生徒(17)は「高い所で風を感じることがないので、気持ちいいなと思った」とはにかんだ。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。