ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
723日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

自分を応援するようになって

児童の自己肯定感、授業で育む 宇和島

2019年6月15日(土)(愛媛新聞)

講師から自己肯定感を高めるための授業を受ける番城小児童ら

講師から自己肯定感を高めるための授業を受ける番城小児童ら

 子どもに自己肯定感を高めてもらおうと、NPO法人トラストコーチング(東京)はこのほど、宇和島市宮下の番城小学校で授業を行い、県内在住の講師4人が「少しでも自分のことを好きになり、自分を応援するようになって」と3年生26人に呼び掛けた。

 授業は同法人の提案で、2回に分けて実施。今後、市内の他の小中学校などでも予定されている。

 初回の7日は、講師が「運動会の日の朝、自分とどんな会話をした?」と質問。児童は「最下位になったらどうしよう」「かけっこで1番取るぞ」などと自分の心の内を振り返った。講師は「緊張するときや『ちょっと嫌だな』というとき、自分にどんな言葉を言われたら頑張れる?」と重ね、児童は「大丈夫」「きっと頑張れるよ」などと応じた。

 講師は「元気がないときは自分に声を掛けてもらってみて。それでもしんどいときは、周りの大人にも気持ちを言って」と伝えた。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。