ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
718日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

香川県内2店舗

JR四国、デイサービス撤退 単独運営困難

2019年6月12日(水)(愛媛新聞)

 JR四国(高松市)は11日、香川県内で2店舗を展開するリハビリ特化型デイサービス事業から撤退すると発表した。高齢者向け事業で実績のあるインターネットインフィニティー(IIF、東京)と昨年夏から共同で運営し、ノウハウを学んだ後に引き継ぐ予定だったが、単独では難しいと判断した。

 2店舗は、高松市と丸亀市にある「JR四国レコードブック」。7月以降はIIFが直営店「レコードブック」として運営を続ける。利用者は計100人で、おおむね目標通りに推移しており、JR四国は出店の際の店舗開発などで協力を続ける。

 JR四国は本業の鉄道事業が厳しい中、所有する賃貸マンションや高架下の空きテナントなどを店舗として活用し、鉄道や駅施設の利用を増やす波及効果も狙っていた。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。