ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
723日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

市民ら200人参加

最新のがん治療知って 松山でフォーラム

2019年6月9日(日)(愛媛新聞)

元がん患者らと専門医ががん医療について議論したフォーラムのトークショー=8日午後、松山市湊町5丁目

元がん患者らと専門医ががん医療について議論したフォーラムのトークショー=8日午後、松山市湊町5丁目

 がん治療の最新情報を広く市民に伝えようと、四国がんセンター(愛媛県松山市南梅本町)は8日、松山市湊町5丁目のいよてつ高島屋でフォーラム「がん医療最前線~がん専門病院からのメッセージ」を開いた。芸能人やスポーツ選手が発症し注目を集めた舌がんや血液がんについて専門医が解説し、市民ら約200人が最先端の治療法に理解を深めた。

 同センターの上月稔幸臨床研究センター長は免疫療法の仕組みやがん細胞が増えるメカニズムを説明。「免疫チェックポイント阻害剤」と呼ばれる治療薬の登場で、免疫細胞の働きが促進されるが、正常な細胞にも反応する副作用があることなどを紹介した。

 門田伸也第二病棟部長は舌がんの切除手術の技術などを写真で示し、「口の中をしっかり自分で観察して早期発見を」と呼び掛けた。吉田功血液腫瘍内科医長は「血液のがんについて」と題し講演した。

 同センターはがんの正しい知識を知ってもらおうと「がん専門病院からのメッセージ」を発刊しており、元がん患者らと専門医によるトークショーも開催。谷水正人院長が、がん予防として喫煙、飲酒をしないことを挙げ、定期的ながん検診の重要性を訴えた。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。