ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
717日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

ハッピーフェスティバル

入院患者ら イベントで音楽や記念撮影楽しむ 東温

2019年6月7日(金)(愛媛新聞)

介護士デュオ「ペパーミント」(手前)のステージを楽しむ入院患者ら

介護士デュオ「ペパーミント」(手前)のステージを楽しむ入院患者ら

 東温市横河原の国立病院機構愛媛医療センターでこのほど、恒例のハッピーフェスティバルがあり、重症心身障害児(者)病棟の入院患者や家族ら計約350人が地元の音楽デュオやフラグループのステージなどを楽しんだ。

 参加者は介護士2人によるピアノ&ボーカルデュオ「ペパーミント」のステージや出店巡りなどを満喫。県イメージアップキャラクター「みきゃん」「こみきゃん」と記念撮影したり、デザートを味わったりしていた。

 センターによると、重症心身障害児(者)の3病棟(定員160人)には152人が入院。フェスティバルは外出困難な患者らに楽しんでもらおうと、病棟を開設した1970年ごろから続けているという。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。