ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
717日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

松野

雨吹き飛ばしMTB駆ける 150人山岳レース

2019年6月4日(火)(愛媛新聞)

早朝、元気よくスタート地点を飛び出す参加者

早朝、元気よくスタート地点を飛び出す参加者

 鬼が城山系の林道などをマウンテンバイク(MTB)で駆け抜ける「松野四万十バイクレース」が2日、松野町延野々の道の駅「虹の森公園まつの」を発着点に行われ、県内外のライダー約150人が最大高低差940メートルの山岳コースでゴールを目指した。

 地域をアウトドアスポーツで盛り上げようと、松野町などが2016年10月に初開催したが、17、18年と連続で大雨や台風のあおりを受け、コースの大幅縮小や中止を経験。今回は天候に左右されにくい梅雨前の実施に切り替えた。

 2~4人で挑むチーム戦。約130キロ、約110キロ、約40キロの3コースで、選手は午前5時半にスタートを切った。

 途中で降雨となるなどの悪条件を乗り越え、選手は笑顔で完走。ゴールでスタッフらの歓迎を受けていた。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。