ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
717日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

今年で64回目

スズラン贈り入院患者元気づける

2019年6月4日(火)(愛媛新聞)

全日空の従業員からスズランの香り付きのしおりを受け取る子ども

全日空の従業員からスズランの香り付きのしおりを受け取る子ども

 かれんな花で入院中の患者らを元気づけようと、全日空松山支店は5月29日、松山市文京町の松山赤十字病院にスズラン5鉢と香り付きのしおり400枚を贈った。

 全日空グループが全国の赤十字病院と関連施設を毎年訪問しており、64回目。

 贈呈式の後、客室乗務員の田村幸恵さん(25)と松山空港スタッフの西村愛梨さん(20)が産科病棟と小児病棟を訪れ、「花言葉は『幸せ』です」と紹介しながら患者らにしおりを手渡した。

 受け取った同市山越5丁目の自営業石丸由佳さん(33)は「(子どもの)看病で気が張っていたが、手書きのメッセージで癒やされた」と息子(2)と一緒に爽やかな香りを楽しんでいた。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。