ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1119日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県高校総体第3日 なぎなた

今治東が3連覇

2019年6月3日(月)(愛媛新聞)

【団体リーグ戦 今治東―北条】大将戦で相手の技をさばきつつ、攻める今治東・山田=北条高

【団体リーグ戦 今治東―北条】大将戦で相手の技をさばきつつ、攻める今治東・山田=北条高

【不戦勝守る展開 悔しさも 接戦制した今治東】

 優勝決定戦となった今治東と北条の対戦。緊迫した接戦を制して今治東が3連覇を勝ち取ったものの、不戦勝で得た1勝を守りきる展開に、選手は「すっきりとした形で優勝を決めたかった」と悔しさを隠さなかった。

 北条は選手が4人しかおらず、今治東のエース加藤に不戦敗を当てた後、引き分けでつないで大将の白地で取り返す作戦で代表戦決着を狙った。しかし、大将戦で今治東の山田が白地の猛攻をしのぎきってポイントを与えず、今治東が競り勝った。

 今治東は先鋒(せんぽう)を務める加藤のオーダーを変える手もあったが、「積み重ねてきた自分たちのやり方を崩したくなかった」と選手ら。前日の個人戦を制した加藤に頼らずに勝ちきりたい。そんな思いで臨んだだけに、試合後は「1年生が相手だった私が1本取らなくては」(菊池)、「練習より体が引いてしまい、もっと気持ちを強く持てるようになりたい」(川西)と反省しきりだった。

 勝負を決めた山田も本来の大胆な踏み込みを出せず、「守りがちな戦いになってしまった。判定勝ちばかりだった個人戦の鬱憤(うっぷん)を晴らせなかった」。

 とはいえ個人戦、演技、団体の全てで頂点をつかんだチームの実力は確か。「インターハイ優勝」の目標実現に向け、それぞれの課題が県大会で見つかったことは決して悪いことではない。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。