ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
718日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

松山で9日コンサート

愛響、バリトン歌手と共演

2019年6月3日(月)(愛媛新聞)

 愛媛交響楽団(中田勝博理事長)の第46回サマーコンサートが9日午後6時半から、松山市堀之内の市民会館で開かれる。

 愛媛交響楽団は、愛媛発のアマチュアオーケストラとして1972年に誕生。設立以来、地域に根差した活動を続けており、「愛響」の愛称で親しまれる。

 サマーコンサートは初夏の恒例演奏会で、メンバー約95人が出演する。今回はバリトン歌手の宮本益光(八幡浜市出身)を招待。宮本とは2016年の県民文化会館開館30周年記念イベント「愛媛県民の第九」以来の共演で、宮本の歌声を生かせるオペラ作品を中心に取り上げる。

 プログラムは、モーツァルト作曲の歌劇「フィガロの結婚」と歌劇「魔笛」、ワーグナー作曲の歌劇「タンホイザー」などから。指揮は国内の主要オーケストラに数多く客演し、愛響とも7回目の共演となる上野正博が務める。

 指定席2千円(当日2200円)、一般1500円(1700円)、高校生以下700円(800円)。問い合わせは愛媛交響楽団事務局=電話089(934)2460。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。