ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1024日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

J2リーグ・第16節

愛媛、ゴール遠く 岡山に0―1 前半失点 主導権奪えず

2019年6月2日(日)(愛媛新聞)

【岡山―愛媛FC】後半、CKで競り合う愛媛FC・岡本(中央)ら=シティライトスタジアム

【岡山―愛媛FC】後半、CKで競り合う愛媛FC・岡本(中央)ら=シティライトスタジアム

 明治安田J2リーグは1日、第16節の4試合を行った。愛媛FCは岡山市のシティライトスタジアムで岡山と対戦し、0―1で敗れ2連敗。通算成績は4勝3分け9敗(勝ち点15)で順位は18位に下がった。

 愛媛FCは前半に失点を許し、ゴールを奪えなかった。

 愛媛FCは次節、9日午後5時から、県総合運動公園ニンジニアスタジアムで柏と対戦する。

 

 【評】愛媛FCは前半の失点を取り返せなかった。

 立ち上がりから集中した守備でピンチを切り抜けたが、39分にDFライン裏に抜け出され、先制ゴールを奪われた。後半も主導権を握られ、再三シュートを許した。

 攻撃では藤本や有田らがチャンスに絡んだが、効果的なシュートが打てなかった。

 

◆やり方は悪くない◆

 【愛媛FC・川井監督の話】 早い時間での失点が続いていたが、改善できた。得点を取ることに次はフォーカスしたい。ビルドアップのやり方自体は悪くなかった。ボールが通ればという部分はたくさんあった。

 

◆しっかり切り替え◆

 【岡山・有馬監督の話】 選手たちが戦うことや(攻守の)切り替えなどを当たり前のようにしっかりできていた。相手がどう来ても、自分たちが何をするかを選手たちが攻守で表現してくれたおかげで先制点が取れた。

 

◆守備うまくいかず◆

 【愛媛FC・玉林】(今季初出場)「守備を意識したが、うまくいかなかった。一瞬の隙を与えないよう引き締めないといけない。結果は出なかったが、チームがやりたいことが身をもって分かった」

 

◆全部が中途半端◆

 【愛媛FC・下川】(無得点に)「相手のやりたいことはやらせていないが、全部が中途半端だったように思う。難しい展開だった。効果的なボールが前に入れられていないのが問題。少しずつでも修正しないといけない」

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。