ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
824日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県高校総体第2日 ソフトボール

松山工、堂々のV3 男子 

2019年6月2日(日)(愛媛新聞)

【男子決勝 大洲―松山工】2回裏松山工2死満塁、田島が満塁本塁打を放つ=松山中央公園

【男子決勝 大洲―松山工】2回裏松山工2死満塁、田島が満塁本塁打を放つ=松山中央公園

【強烈な一発攻勢 反撃の隙与えずコールド勝ち】

 松山工が強烈な一発攻勢で中南予地区予選1位を圧倒し、3連覇を果たした。

 松山工は二回、2死から得た満塁の好機に2番田島。予選決勝で抑え込まれた左腕が先発だったが、「調子は上がっていたので自信を持って打席に立てた」と、カウント1―1からの直球を迷いなく強振。初戦の決勝ソロ本塁打に続く左越えのグランドスラムを放ち、主導権を握った。

 さらに四回には、一塁に走者を置き、主将・船原が中堅フェンスを高々と越える2点本塁打でダメ押し。相手に反撃の隙を与えず、勝負を決定づけた。

 エース八木の毎回の10奪三振の力投もあり、終わってみれば五回コールドで完勝した。選抜大会でベスト8に終わった全国への挑戦権を再び手にした。船原は「今度こそ全国制覇を成し遂げる」と力強く宣言した。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。