ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1112日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

福祉向上の一助に

四国労金、県身障者連へ寄付

2019年5月29日(水)(愛媛新聞)

四国労働金庫の杉本宗之愛媛営業本部長(右)から目録を受け取る県身体障害者団体連合会の河内修二会長=28日午前、松山市持田町3丁目

四国労働金庫の杉本宗之愛媛営業本部長(右)から目録を受け取る県身体障害者団体連合会の河内修二会長=28日午前、松山市持田町3丁目

 四国労働金庫(高松市)は28日、新規ローン1件につき同金庫が100円を寄付する「四国ろうきん1万人笑顔プロジェクト」の寄付金12万5600円を県身体障害者団体連合会に贈った。

 社会貢献活動の一環として2018年度に初めて実施。教育、子育て支援、障害者支援、環境保護に関連する寄付先を顧客に選んでもらい、18年度分として四国4県の関係機関に計63万8200円を贈呈する。

 松山市持田町3丁目の県総合社会福祉会館で贈呈式があり、同金庫の杉本宗之愛媛営業本部長が「労働金庫は日本で唯一の労働者がつくった非営利の協同組織。利益が出たら社会に貢献する」とあいさつ。県身体障害者団体連合会の河内修二会長は「(11月6日に松山市で開かれる)中・四国身体障害者福祉大会など県内の障害者福祉向上のために利用させていただきたい」と感謝を述べた。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。