ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
129日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

やわたはま国際MTBレース 

U23村上功(松山大男子)頂点 ユース村上裕(松山工高)連覇 エリート門田7位

2019年5月27日(月)(愛媛新聞)

男子U23で優勝した村上功太郎=八幡浜市民スポーツパーク

男子U23で優勝した村上功太郎=八幡浜市民スポーツパーク

村上裕二郎

村上裕二郎

男子U23で優勝した村上功太郎=八幡浜市民スポーツパーク

男子U23で優勝した村上功太郎=八幡浜市民スポーツパーク

村上裕二郎

村上裕二郎

 マウンテンバイク(MTB)の「やわたはま国際MTBレース2019」最終日は26日、八幡浜市民スポーツパーク(1周4・3キロ、標高差91メートル)でクロスカントリーの各種目を行い、11カ国・地域の約250人が出場した。最上位クラスの男子エリート(30・1キロ)はキリュー・カザンツェフ(カザフスタン)が1時間27分6秒68で優勝を飾った。愛媛勢は、門田基志(TEAM GIANT)が1時間30分8秒00で7位だった。

 男子U23(23歳以下、21・5キロ)は村上功太郎(松山大)が1時間2分50秒94で制し、男子ユース(12・9キロ)は村上裕二郎(松山工高)が38分10秒72で連覇した。

 

◆果敢に攻めた◆

 【松山工高・村上裕二郎】(男子ユースで連覇)「周囲を気にせず自分との闘いだと思って果敢に攻めた。上りでのパワー、下りの技術はまだまだ足りていない。(7月の)全日本選手権に向けトレーニングを積む」

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。