ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
127日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

久々のホーム勝利を

愛媛FC、きょう25日 水戸戦

2019年5月25日(土)(愛媛新聞)

 愛媛FCは25日午後5時から、県総合運動公園ニンジニアスタジアムで水戸と対戦する。前節に6試合ぶりの白星を挙げ、苦しい流れはいったん断ち切った。4月7日以来遠ざかっているホームでの勝利をつかみ、浮上への足がかりを確かなものとしたい。

 愛媛FCは前節、新潟に3―2で勝利。通算成績を4勝3分け7敗(勝ち点15)とし、降格圏の21位から17位に順位を上げた。前半で2点のリードを許しながら、今季初の逆転勝ちを収めた一戦を、西田は「みんながすごくいい表情になった。諦めずに戦ったことが実った」と振り返る。

 水戸は7勝6分け1敗(勝ち点27)で2位。愛媛同様、資金的には恵まれていないが、粘りと運動量を基盤とした組織的な守備はリーグ随一。14試合でわずか5失点の相手だけに、1点が勝負を分ける。川井監督は「勝率を上げるためには、こちらの失点を減らすことは絶対。一人一人の慢心をなくす」と展開を見据える。

 長沼、神谷の2人は水戸戦後、U―22(22歳以下)日本代表に合流するためチームを離れる。長沼は「あと1勝でホーム通算100勝の節目。勝っていい形で代表に行きたい」と話した。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。