ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1216日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

松山

小学生がティーボール大会で熱戦

2019年5月25日(土)(愛媛新聞)

県小学生ティーボール選手権大会で思い切りよくバッティングする選手

県小学生ティーボール選手権大会で思い切りよくバッティングする選手

  第4回県小学生ティーボール選手権大会がこのほど、松山市市坪西町の松山中央公園運動広場であり、県内の14チーム約190人が白熱の試合を繰り広げた。

 ティーボールは投手がおらず、本塁に立てた棒状のバッティングティーにボールを載せてバットで打つ競技。大会はNPO法人日本ティーボール協会県連盟が主催した。

 小学1~4年生が出場。打者が外野の頭を越えるボールを放つと「ナイスバッティング」と声が飛び、好守備を見せると大きな拍手が湧き起こった。選手は真剣な表情でボールを追い、負けると悔し涙を流す姿もあった。

 優勝した桜井クラブ(今治)は7月に埼玉県で開かれる全国大会に出場する。

 

 そのほかの上位成績は次の通り。

 準優勝 垣生スポーツ少年団(松山)▽3位 常盤ヴィクターズA(今治)

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。