ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
720日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

宇和島市が特設ページ開設

被災地の今 復旧・復興状況を全国発信

2019年5月23日(木)(愛媛新聞)

「いまできること 平成30年7月豪雨」に開設された宇和島市の特設ページを示す市職員=22日午後、市役所

「いまできること 平成30年7月豪雨」に開設された宇和島市の特設ページを示す市職員=22日午後、市役所

 西日本豪雨からの復旧・復興に取り組んでいる地域の状況を全国に知ってもらおうと、愛媛県宇和島市は22日、一般社団法人「助けあいジャパン」(東京)運営の災害支援情報サイトに、市の特設ページを開設した。今後、市が進める復興関連事業なども掲載していく。

 被災地の現状を発信することで、災害ボランティアなど関係人口の増加につなげようと企画。同法人は東日本大震災や熊本地震の際にも同様のサイトを立ち上げ、被災自治体でのボランティア募集状況や受け入れ態勢、支援金や物資の送り先などを紹介してきた。

 市が特設ページを展開するサイトは「いまできること 平成30年7月豪雨」。同市のほか広島、岡山両県などの被災地に関する情報を掲載している。宇和島市のページでは、「助けあい―」のスタッフらが被災者や支援団体などに取材したリポートや、市広報誌の関連記事を掲載。市内で開かれる復興イベントの情報なども扱う予定だという。

 市市長公室は「復興を目指す市の様子を多くの人に知ってもらい、継続的な支援をお願いしたい」としている。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。