ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
126日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

めざせ頂点 県高校総体戦力分析2019

<空手道>松山工と川之江接戦・男子団体

2019年5月23日(木)(愛媛新聞)

 【松山工と川之江接戦・男子団体 松山中央か今治北か・女子団体】

【男子】団体組手は松山工と川之江の接戦になりそう。松山工は稲葉、松田、亀井、向井と全員が安定して戦うことができ、穴がない。川之江は渡辺聖がポイントゲッターとしてチームを引っ張る。

 個人組手は全国高校選抜大会男子組手個人68キロ以上級で5位に入った園田(松東)に渡辺聖(川江)、松田(松工)が挑む。形は2年生の池田(松中)が抜きんでている。

【女子】団体組手はエース渡辺が軸の松山中央と、関、中村を中心に蹴り技で勝負する今治北の争い。

 個人組手はスピードがあり駆け引きもうまい渡辺(松中)が一歩リード。経験豊富な玉井(松中)とカウンターが得意な山口(松工)が追う。形はパワーのある相原(松中)とスピードが武器の佐々木(済美)の一騎打ちになりそう。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。