ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
126日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

めざせ頂点 県高校総体戦力分析2019

<ソフトボール>女子・昨年V済美 堅い守備

2019年5月22日(水)(愛媛新聞)

【ソフトボール】大洲など3校優勢か 男子/昨年V済美 堅い守備 女子 

 【男子】大洲、松山工、東温の三つどもえか。地区予選1位の大洲はスイングの鋭い緒方や勝負強い北野ら、どこからでも得点を狙える打線が持ち味。2年生エース清水が緩急を生かした投球で流れをつくる。昨年のインターハイで8強入りした松山工は、鋭いドロップが武器の八木と久保のバッテリーが軸。パワフルな徳田の打棒に期待がかかる。東温は強肩遊撃手の下浦やミート力のある石川ら攻守に粒ぞろい。全選手が持ち味を生かして戦う。

 【女子】済美、西条、聖カタリナ学園の3校が頭一つ抜ける。前年大会優勝の済美は、2年生エース永易と吉金、沖盛の二遊間を軸に堅い守備からリズムをつくる。西条は渡辺、岡ら、自慢の長打力で大量得点を狙う。速球派エース東は完投能力もある。聖カタリナ学園は栗田、山口のサウスポー二枚看板。主将の捕手山下が攻守の要で、不動の1番加藤は高い出塁率で流れを呼び込む。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。