ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
126日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

めざせ頂点 県高校総体戦力分析2019

<少林寺拳法>木村(松中)優勝候補 男子単独

2019年5月22日(水)(愛媛新聞)

相手に敬意を払い、互いに礼=新田高

相手に敬意を払い、互いに礼=新田高

【少林寺拳法】木村(松中)優勝候補 男子単独/浜口(松中)がリード 女子単独

 【男子】組演武は昨年11月の県新人大会(自由)を制した柴田・田辺(宇東)が有力。追う薬師寺・川本(新田)と吉田・野本(松工)は拮抗(きっこう)している。20人が競う単独演武は、選抜大会に出場し、突きと蹴りに迫力のある木村(松中)がリード。団体演武は久しぶりにエントリーの新田が松山工に挑む。

 【女子】組演武は五藤・松本(宇東)が抜けている。単独演武は浜口(松中)が優勝最右翼か。団体演武は宇和島東のみ出場。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。