ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1020日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

四国六大学野球

松山大1部残留 入れ替え戦 徳島大に連勝

2019年5月20日(月)(愛媛新聞)

 春季四国六大学野球は19日、松山市の久万ノ台グラウンドで、松山大(1部6位)と徳島大(2部1位)による入れ替え戦(2戦先勝方式)2試合を行った。18日の1回戦を落とし、後がない松山大は2回戦を4―1、3回戦を8―2と連勝し1部残留を決めた。

 松山大は2回戦、林、亀井、田渕の継投で相手を1安打に封じた。打線は三回、高橋(西条高出)の左前打で1点を先制。1―1で迎えた七回に高田の適時打などで3点を勝ち越した。

 3回戦は三回、小田原(南宇和高出)の適時打などで3点を先制し、五回にも3点を追加。八回に三好(川之江高出)の2点二塁打で突き放した。5投手の小刻みな継投でリードを守りきった。

 

◆ほっとしている◆

 【松山大・片岡主将】(初の2部落ちを回避し)「ほっとしている。大きな重圧を感じていたが、チーム全体で野球を楽しもうと試合に臨んだ。今季で引退する4年生を中心に、自分たちらしいプレーをすることができた」

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。