ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1015日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

学童軟式県大会

土居北(四国中央)初の頂点 大洲に先制逃げ切る

2019年5月19日(日)(愛媛新聞)

【土居北軟式野球スポーツ少年団―大洲ジュニアタイガース】マウンドに集まって優勝を喜ぶ土居北ナイン=川之江野球場

【土居北軟式野球スポーツ少年団―大洲ジュニアタイガース】マウンドに集まって優勝を喜ぶ土居北ナイン=川之江野球場

【土居北軟式野球スポーツ少年団―大洲ジュニアタイガース】1回裏土居北2死二塁、近藤巧が適時三塁打を放ち先制する=川之江野球場

【土居北軟式野球スポーツ少年団―大洲ジュニアタイガース】1回裏土居北2死二塁、近藤巧が適時三塁打を放ち先制する=川之江野球場

【土居北軟式野球スポーツ少年団―大洲ジュニアタイガース】マウンドに集まって優勝を喜ぶ土居北ナイン=川之江野球場

【土居北軟式野球スポーツ少年団―大洲ジュニアタイガース】マウンドに集まって優勝を喜ぶ土居北ナイン=川之江野球場

【土居北軟式野球スポーツ少年団―大洲ジュニアタイガース】1回裏土居北2死二塁、近藤巧が適時三塁打を放ち先制する=川之江野球場

【土居北軟式野球スポーツ少年団―大洲ジュニアタイガース】1回裏土居北2死二塁、近藤巧が適時三塁打を放ち先制する=川之江野球場

 第39回全日本学童軟式野球県大会(県軟式野球連盟主催、愛媛新聞社共催)最終日は18日、四国中央市の浜公園川之江野球場で決勝を行った。土居北軟式野球スポーツ少年団(四国中央)が、大洲ジュニアタイガース(大洲)を5―1で破り、初優勝を果たした。

 土居北は初回、近藤巧、河上の連続適時打で2点を先制。三~五回にも加点し、河上、鈴木のリレーで逃げ切った。

 大洲は2点を追う二回に1点を返し、その後もチャンスをつくったがホームが遠かった。

 優勝した土居北は8月18日から東京で開かれる全国大会に出場する。

 

【成長の打撃 主導権 土居北 昨年の悔しさバネ】

 自慢の守りに、成長著しい打力。土居北軟式野球スポーツ少年団は、攻守にはつらつとしたプレーで地元の大声援に応えた。

 「もともとは守りのチーム」(山内監督)だが、年明け以降、試合球よりも重いサンドボールを使ったり、選手が自主的にバットを振り込んだりして打撃の強化を図ってきた。

 成果は初回から結実。2死二塁から4番近藤巧が「思い切り振れた」とライトの頭上を越える適時三塁打で先制。続く河上も適時打を放ち主導権をつかんだ。

 三~五回にも1点ずつ加えリードを広げると、先発河上、四回途中から鈴木のダブルエースを中心にした守りで流れを渡さない。鈴木は四回1死一、二塁のピンチで、バントフライを自らダイビングキャッチ、二塁へ送球しダブルプレーで切り抜けた。「コーナーをうまくつけた」と四~七回をゼロに抑えた。

 昨年ベスト8で敗れた悔しさをバネにつかんだ頂点。山内監督は「選手たちは大会期間中、本当に成長してくれた」と目を細めた。

 

【再三好機 光った走塁 大洲あと一本出ず】

 南予勢では第4回大会以来の優勝を目指した大洲ジュニアタイガース。あと一歩及ばなかったが、足を使った攻撃で相手に圧力をかけ続けるなど、塁に出たら次を狙う積極的な姿勢が光った。

 チーム全体で6盗塁。橋本主将は「投手のモーションを見て、いけると思ったら自分の判断で行く」と胸を張った。5イニングで得点機をつくったが、「相手投手の緩急の使い方がうまかった」(橋本)。反撃は二回の高岡里の適時打による1点にとどまった。

 スローガンに掲げる「打って走れる野球」を体現しようと最後まで奮闘したナイン。藤枝監督は「あと一本が出なかったが、よくやった」とねぎらった。

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。