ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
625日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

with 愛媛FC

刺激 竹嶋裕二

2019年5月18日(土)(愛媛新聞)

鹿児島戦でJデビューを果たした竹嶋裕二

鹿児島戦でJデビューを果たした竹嶋裕二

 ホームで3失点、無得点。本来のアグレッシブさが失われた前節・鹿児島戦で気を吐いていたのが、この試合がJデビュー戦となった竹嶋裕二(19)だ。

 本来はボランチが主戦場だが、この日は3バックの右。気後れすることなく相手FWに体をぶつけ、随所で持ち味の守備力を発揮し90分全力で戦った。

 3失点の結果に「期待に応えられず申し訳ない」と反省を口にしたが、川井監督は「彼のプレーからは必死さ、がむしゃらさが伝わった。愛媛FCには欠かせないところを示してくれ、大きな積み上げになった」と評価する。

 プロ2年目。ベンチ外が続く中、4月の育成マッチ徳島戦で高校生年代の選手らを引っ張ってアピール。チャンスをつかんだ鹿児島戦では「入らなくても自分が打つことでチャンスになれば」と積極的にシュート2本を放ち、攻撃面でも存在感を示した。

 スタート地点に立ったばかりだが、その姿勢は停滞するチームに新たな刺激を与えている。

    関連・チーム名鑑

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。