ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1214日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

イヨカンの風味が香る

松山・怒和島育ち「中島サーモン」水揚げ

2019年5月16日(木)(愛媛新聞)

港内のいけすからサーモンを水揚げする上怒和集落の住民ら=15日午前、松山市上怒和

港内のいけすからサーモンを水揚げする上怒和集落の住民ら=15日午前、松山市上怒和

上怒和港のいけすで大きく成長した「中島サーモン」=15日午前、松山市上怒和

上怒和港のいけすで大きく成長した「中島サーモン」=15日午前、松山市上怒和

港内のいけすからサーモンを水揚げする上怒和集落の住民ら=15日午前、松山市上怒和

港内のいけすからサーモンを水揚げする上怒和集落の住民ら=15日午前、松山市上怒和

上怒和港のいけすで大きく成長した「中島サーモン」=15日午前、松山市上怒和

上怒和港のいけすで大きく成長した「中島サーモン」=15日午前、松山市上怒和

 愛媛県松山市中島地区の怒和島で、上怒和集落の住民が県などの支援で養殖している「中島サーモン」(ニジマス)の水揚げ作業が15日、上怒和港であった。

 15日は住民らが網を使っていけすからサーモン282匹をすくい上げた。生食用の大型魚205匹の重さは平均約3.2キロ。上怒和集落の川本忠光代表(64)は「少しずつ勉強していいものが育つよう努力し、地域を元気にしたい」と話した。

    この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。