ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1214日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

たばこから健康守ろう

世界禁煙デー前に松山でパレード

2019年5月13日(月)(愛媛新聞)

禁煙の重要性や受動喫煙防止などを訴えたパレード

禁煙の重要性や受動喫煙防止などを訴えたパレード

 31日の「世界禁煙デー」を前に、NPO法人禁煙推進の会えひめ(松岡宏会長)は12日、松山市の大街道、銀天街の両商店街でパレードし、会員や市民ら約100人が禁煙の重要性や受動喫煙防止などを呼び掛けた。

 会によると、世界保健機関(WHO)が掲げる今年の禁煙デーのテーマは「たばこからあなたの肺を守ろう」。参加者は松山三越前を出発し、啓発用のティッシュペーパーや風船を配りながら「喫煙は肺も心も駄目にする」「煙から子どもたちを守ろう」などと声を上げた。今治市の薬剤師の女性(47)は「若い人や子どもにも健康被害や受動喫煙といった問題を知ってほしい」と話していた。

 会は受動喫煙の規制を強化する改正健康増進法の順守などを求める要望書を県や松山市などに提出予定。松岡会長は「望まない受動喫煙を防ぐのが法改正の趣旨。行政は市民が被害を受けた際の相談窓口を設けてほしい」と訴えている。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。