ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
129日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

31日・松山で試合

宇和島出身プロレスラーSHO「強くなった自分 見て」

2019年5月10日(金)(愛媛新聞)

松山での試合を前に意気込みを語る新日本プロレスのSHO=松山市大手町1丁目

松山での試合を前に意気込みを語る新日本プロレスのSHO=松山市大手町1丁目

 新日本プロレスに所属する宇和島市出身のプロレスラー、SHO(29)が8日、松山市大手町1丁目の愛媛新聞社を訪れ、ジュニアヘビー級(100キロ未満)の頂点を決める「BEST OF THE SUPERJr.26」の愛媛開催(31日)への意気込みを語った。

 SHOは身長173センチ、体重93キロ。宇和島水産高時代にレスリングを始め、2012年に新日本プロレスに入団。海外武者修行などを経て力を付け、今年3月には3度目のIWGPジュニアタッグ王座に就き、先月初防衛に成功した。

 空中技を得意とするレスラーの多いジュニアヘビー級で、SHOはパワーと米国で習得した柔術が武器。「ベルトを持って帰郷することができ、うれしい。強くなった自分を見てほしい」と来場を呼び掛けた。

 地元に大きな被害が出た西日本豪雨にも触れ「プロレス会場は日常を忘れられる空間。観戦して少しでも元気になってもらえれば」と話した。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。