ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
918日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

豪雨被災で10ヵ月ぶり

西予市の温泉施設 宝泉坊が営業再開 

2019年5月10日(金)(愛媛新聞)

西日本豪雨による被災から復旧したクアテルメ宝泉坊の温泉プール=9日午後、西予市城川町高野子

西日本豪雨による被災から復旧したクアテルメ宝泉坊の温泉プール=9日午後、西予市城川町高野子

 2018年7月7日の西日本豪雨で被災した西予市城川町高野子の市温泉施設「クアテルメ宝泉坊」がこのほど、約10カ月ぶりに営業再開した。利用客が温泉プールでの体力づくりや露天風呂を楽しんでおり、施設は「長くお待たせしたが満足いただけるよう頑張りたい」と意気込んでいる。

 施設は05年にオープンし、ジェット水流やウオーキングを楽しめるプールをはじめ、ゆったりくつろげる入浴施設や整骨院、軽食コーナーがある。関連施設を含めた利用者は年間約16万人で、城川地域の住民や市内外からの来訪者の交流、健康づくりの拠点となっている。

 豪雨ではプールや入浴施設に大きな被害はなかったが、山側から大量の雨水が流入し地下の機械室が水没。機械を交換して電源設備を地上に移すなどし、ゴールデンウイーク(GW)初日の4月27日に再開した。当初は会員が多かったが、問い合わせも増えGW期間中の来場者は昨年同期比で2割増えたという。

 戸田香織支配人は「お客さまに待たせたことをおわびすると『待っていた』『戻ってきてくれてよかった』と温かい言葉を掛けていただいた」と感謝。温泉プールの常連だった同市野村町阿下の農業鈴木健二さん(66)は「足が痛いが水中ウオーキングなら体を鍛えられる。ここは日本一の施設だと思う」と笑顔だった。

 開館は午前10時で、プールは午後8時、温泉施設は午後9時に受け付けを終了する。休館日は火曜。宿泊施設「宝泉坊ロッジ」もすでに通常営業を再開している。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。