ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
922日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

四国六大学野球

愛媛大黒星もV可能性残す

2019年5月6日(月)(愛媛新聞)

 春季四国六大学野球第5週第2日は5日、今治球場で2回戦3試合を行った。2位の愛媛大は香川大に2―4で敗れて1勝1敗となり、勝ち点獲得を持ち越したが、首位の高知工科大も負けて1勝1敗としたため、優勝の可能性を残した。

 愛媛大が6日の3回戦に勝って勝ち点を挙げ、高知工科大が四国学院大に敗れて勝ち点を逃した場合、愛媛大と高知工科大の勝ち点(4)とリーグ戦勝敗(9勝5敗)が並び、優勝を懸けたプレーオフが後日行われる。

 愛媛大は5日の香川大戦、2点を追う四回に民部の適時打で同点に追い付いたが、七回に2点を失い、突き放された。

 松山大は高知大を2―1で下し、1勝1敗とした。同点の九回、高橋(西条高出)が貴重な勝ち越し本塁打。田渕、河野の1失点リレーも勝利の原動力となった。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。