ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
822日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

ラグビー四国高校県予選

三島4年ぶりV 新田に19―14

2019年4月28日(日)(愛媛新聞)

【三島―新田】19―14で4年ぶり6度目の優勝を果たし喜ぶ三島フィフティーン=県総合運動公園球技場

【三島―新田】19―14で4年ぶり6度目の優勝を果たし喜ぶ三島フィフティーン=県総合運動公園球技場

 ラグビーの第67回四国高校選手権県予選最終日は27日、県総合運動公園球技場で決勝を行い、三島が19―14で連覇を狙う新田を下し、4年ぶり6度目の頂点に立った。

 優勝した三島が第1代表、準優勝の新田が第2代表として、6月14、16日に高知県の春野総合運動公園で行われる四国大会に出場する。

 

 【評】FWを中心とした攻撃を徹底した三島が新田の猛攻を振り切った。

 三島は前半7分、抜け出した鈴木翔からパスを受けた宇都宮が先制トライ。18分にはラックから高橋蒼がトライを決めた。後半12分にもモールを押し込み、宇都宮がトライを奪った。

 パスミスやペナルティーの判定に泣いた新田は後半、2本のトライで詰め寄ったが、あと1トライ差で及ばなかった。

 

◆チーム いい形に◆

 【新田・渡部雄主将】(後半に追い上げるも惜敗)「後半は自分たちのテンポができてきていたが、ミスも重なり崩してしまった。チームはいい形になってきている。この試合をバネに、明日から練習に励みたい」

 

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。