ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
616日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU
応援メッセージを送る

春の四国高校野球出場校紹介

松山聖陵高校野球部

2019年4月26日(金)(愛媛新聞)

松山聖陵打線の中心となる(左から)折田、大村、岸田

松山聖陵打線の中心となる(左から)折田、大村、岸田

 春季四国地区高校野球大会は5月3日から3日間、松山市の坊っちゃんスタジアムで行われる。選抜大会に出場した松山聖陵の戦力を紹介する。

 

【下位打線の奮起が鍵 松山聖陵 愛媛1位】

 2年連続出場した選抜大会は初戦で大分に1―4と力負け。甲子園初勝利はお預けとなったが、県代表順位決定戦では終盤の集中打で今治西を8-5で下し、県1位校の座を守った。

 持ち味のつなぐ打線は健在。田窪、折田は俊足好打を生かしてチャンスメーク。大村は選抜大会で4番を務め、長打力がある。粘り強いバッティングが光る岸田は選抜大会でチーム唯一の打点を挙げた。順位決定戦で得点に絡んだ後藤ら下位打線の奮起が鍵を握る。

 投手陣に絶対的な柱はいないが、エース根本は188センチの長身を生かした直球を武器に打たせて取る。選抜大会で先発した2年生右腕平安山は130キロ後半のストレートに加え、切れのあるスライダーやチェンジアップが武器。甲子園で4回無失点と好リリーフを見せた高松は低めの変化球をうまく使う。継投を視野に総力戦で挑む。

 

<松山聖陵メンバー>

位置  氏名   学年 投打 身長  体重 出身中

 投 ◎根本大蓮  ③ 右右 188 84 拓南

 捕  岸田明翔  ② 右右 173 80 芝谷(大阪)

 一  大村侑希  ③ 右右 185 85 雄新

 二  田窪琉風  ③ 右右 166 58 名護(沖縄)

 三  坂本幸成  ② 右左 170 74 港南

 遊  後藤響   ③ 右右 167 59 雄新

 左  新城健太朗 ③ 右右 175 83 浦添(沖縄)

 中  折田玲   ③ 右左 170 64 西落合(兵庫)

 右  市川尚樹  ③ 右左 172 60 高浜

補欠  平安山陽  ② 右右 176 72 大宮(沖縄)

 〃  本永大   ③ 左左 173 88 浦添(沖縄)

 〃  小川諒大  ② 右右 168 67 岩倉(愛知)

 〃  高松亨有  ② 右右 173 66 精華西(京都)

 〃  渡部龍弥  ③ 右左 172 66 松山西

 〃  伊佐龍之介 ③ 右左 167 88 鏡原(沖縄)

 〃  宮川清次  ③ 右右 174 72 西宇治(京都)

 〃  湧川輝星  ③ 右右 166 62 小禄(沖縄)

 〃  瀬尾侑霞  ③ 右左 169 56 横路(広島)

 〃  三島勇愛斗 ③ 右右 178 83 深井(大阪)

 〃  松井翔磨  ③ 右右 177 90 土居

記録  長尾侑馬  ②           香東(香川)

部長 高橋慎吾

監督 中本恭平

(◎印は主将)

…………

予想オーダー

…………

⑨市川

④田窪

⑧折田

③大村

②岸田

⑤坂本

⑦湧川

⑥後藤

①根本

    LIVEリポート・応援メッセージ

    関連記事

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。