ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
520日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛媛OV 知事に今季成績報告

地域とともにチームの成長目指す 

2019年4月25日(木)(愛媛新聞)

中村時広知事にサイン入りボールやユニホームを手渡す愛媛オレンジバイキングスの楯昌宗主将(前列左から4人目)ら=24日、県庁

中村時広知事にサイン入りボールやユニホームを手渡す愛媛オレンジバイキングスの楯昌宗主将(前列左から4人目)ら=24日、県庁

 バスケットボール男子Bリーグ2部愛媛オレンジバイキングス(OV)のリチャード・グレスマンヘッドコーチ(HC)と選手12人が24日、県庁で中村時広知事に今季の成績を報告した。

 運営会社の河原成紀代表取締役、楯昌宗主将らが出席。今季は20勝40敗で西地区5位に終わったが、観客動員数は昨季に比べ17%増えたことなどを説明。同地区の広島との対戦では、西日本豪雨被災地のファンを試合に招待したり、両チームの選手が子どもらと交流したりしたことを報告した。

 グレスマンHCは「苦しいシーズンだったが、選手は地域のために戦う気持ちを持っていた。来季に向け、地域とともに成長できるチームを目指す」と述べた。楯主将は「子どもたちが『将来プロ選手になりたい』という夢を持ってもらえるように頑張る」と飛躍を誓った。

 中村知事は「最後の一歩で敗れてしまう試合が多かったことで、選手として『何かのきっかけで上に行ける』という実感を持ったのではないか。被災者への配慮をしてくれたことも感謝している」とねぎらった。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。