ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
522日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

初出場で唯一の10代

愛媛アマ囲碁最強戦、中学1年生が初戦突破

2019年4月22日(月)(愛媛新聞)

慎重に碁石を打ち、真剣勝負を繰り広げた出場者=21日午後、松山市土橋町

慎重に碁石を打ち、真剣勝負を繰り広げた出場者=21日午後、松山市土橋町

 第42回愛媛アマ囲碁最強戦(愛媛新聞社主催)の本戦が21日、松山市土橋町の関西棋院松山支部で始まった。東中南予それぞれの予選を勝ち抜いた24人がしのぎを削り、12人が2回戦へ進んだ。

 本戦はトーナメント方式で、持ち時間は1時間半。参加者は時に腕組みをし、時に首をかしげながら、パチリパチリと打った。

 30~80代の男性がひしめく中、初出場で唯一の10代である伊予市港南中1年高橋良侑(すけたす)さん(12)が1回戦を突破。3月に京都であった全日本こども囲碁小学生チャンピオン戦の2位に入った実力者で、将来の夢は「世界一の棋士」。高橋さんは「勝てたので、もっと対戦できるのがうれしい」と話した。

 2、3回戦は7月7日に開かれ、シード選手2人は3回戦から加わる。準決勝、決勝は9月8日。優勝者は田中正人六段(松山市)とのタイトル戦に挑む。

 1回戦の結果は次の通り。(上段が勝ち、△先番)

 土岐川光生(松山) 中押し △高橋秀夫 (西条)

△門田順一 (砥部) 中押し  摂津雅俊 (西予)

 黒河 稔 (西条) 中押し △増田忠昭 (松山)

△萩森重寿 (松山) 中押し  藤岡 渉 (西条)

 佐野 誠 (西条) 6目半 △森原真五 (松山)

△上甲建雄 (西予) 中押し  森本直治 (松山)

△春田勝利 (伊予) 中押し  山田哲夫 (西条)

 仙波 毅 (松山) 5目半 △片山大介 (宇和島)

△高橋良侑 (伊予) 中押し  白方遠洋 (松山)

 高下達也 (松山) 11目半△梶本 環 (西条)

△河村富夫 (松前) 中押し  福元孝和 (新居浜)

 浜田耕作 (大洲) 10目半△矢野祥太 (松山)

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。