ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
520日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県中体連評議員会

7競技で出場チーム数緩和 

2019年4月19日(金)(愛媛新聞)

 県中学校体育連盟は18日、松山市のにぎたつ会館で評議員会を開き、役員改選や2019年度事業計画、収支予算案を承認した。

 生徒数減少による廃部や休部などを背景に、各競技の県中学総体・新人大会の出場枠について検討。団体ではサッカーや軟式野球など7競技で出場チーム数基準を緩和。個人では柔道の枠を広げた。

 8月1日から17競技を実施する四国総体は、サッカーやソフトボールなど4競技を県内で開催する。

 

 【役員】会長 笹本太三郎(勝山)▽副会長 ○柴田喜清(河北)松本一孝(城西)○池田博行(城東)▽理事長 ○池内裕紀(椿)▽事務局長 ○小笠原洋司(港南)▽監事 ○武田潔(立花)松本繁実(伊予)○宇都宮克彦(八代)▽常任理事 西村祥一(新居浜東)○楠本崇(大島)金房軌人(小野)白石淳(双海)山本大輔(肘東)八十島洋平(吉田)(○印は新任)

 【日程】県総体(7月20~26日・松山市ほか)▽四国総体(8月1~5、7、8日・サッカー=グリーンフィールド新居浜、ソフトボール=重信川かすみの森公園ほか、剣道=県武道館、テニス=松山中央公園コート)▽県新人大会(10月26日、11月8~12日・各地区)▽県中学駅伝(11月16日・新居浜コース)▽県総体スキー(2020年1月・久万スキーランド)

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。