ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1211日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

リバウンドの優劣 鍵

愛媛OV きょう19日から松山で奈良戦

2019年4月19日(金)(愛媛新聞)

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)西地区4位の愛媛オレンジバイキングス(OV)は19日午後7時と20日午後3時から松山市総合コミュニティセンターで同地区5位の奈良と今季最終節を行う。

 愛媛OVと奈良は共に通算20勝38敗。奈良との対決では3勝1敗と勝ち越しているが、奈良は現在3連勝中と波に乗る。愛媛OVが連敗すると最終順位が5位に落ちるため、まずは1勝を挙げることが必須だ。ただ両日とも通常よりも大勢の観客が見込まれるため、連勝でブースター(ファン)を喜ばせたい。

 奈良は外国人選手のレベルが高く、攻守ともにインサイドの強さが特長。日本人シューターは愛媛OVよりも総じて身長が高く、外角からのシュートにも警戒が必要だ。

 3月に愛媛OVが奈良と連戦した際、いずれの試合もリバウンドの優劣が勝敗に結びついた。今回もディフェンスリバウンドを取って速攻につなげられれば、優位に試合が進められるはずだ。集中を切らさずリバウンドに注力することを前提に、外からシュートを狙う選手にも素早く対応するタフな守備ができれば連勝も期待できる。

 最終節では「平成最後のホームゲーム」と銘打ち、1989(平成元)年1月8日以降に生まれた来場者は先着310人を入場無料とするキャンペーンを行う。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。