ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
423日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

麻薬取締法違反容疑で書類送検

松山大薬学部教授、学生にMDMA作らせる 

2019年4月16日(火)(愛媛新聞)

 麻薬研究者の免許がなかったにもかかわらず、松山大の研究室内で合成麻薬「MDMA」を学生に作らせたなどとして、厚生労働省四国厚生支局麻薬取締部(高松市)は16日、麻薬取締法違反の疑いで、松山大薬学部の岩村樹憲教授(61)らを松山地検に書類送検した。

 情報提供を受けた麻薬取締部が2月、研究室や自宅を家宅捜索した。麻薬取締部の聴取に対し、岩村教授は「学術研究のため学生に製造させた。研究者免許が必要だとは知っていたが、取得を怠っていた」旨の供述をしているという。

 書類送検容疑は2013年4~7月ごろの間、大学の研究室内で、研究室に所属している学生数人にMDMAやMDAを合成させたほか、18年1~2月ごろの間、通称5F―QUPIC(キューピック)と呼ばれる麻薬を製造、所持した疑い。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。