ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
524日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

公開講座「関節痛よ、サヨウナラ」

五十肩は安静第一に 痛み緩和の工夫紹介

2019年4月16日(火)(愛媛新聞)

肩の痛みと疾患について解説する清松助教

肩の痛みと疾患について解説する清松助教

 南松山病院(松山市朝生田町1丁目)の関節治療センター設立を記念した公開講座「関節痛よ、サヨウナラ」が14日、松山市湊町5丁目のいよてつ高島屋であった。肩や膝の痛みを克服するための治療法や工夫が紹介され、市民ら約400人が熱心に耳を傾けた。

 愛媛大大学院医学系研究科整形外科学の清松悠助教は五十肩について、痛みの強いときは安静第一を心掛け、熱を持つ場合は冷やすのが有効と説明。時期によって適切な治療が異なると述べ「経過に沿った対処をしないと治らないことが多い」と注意を呼び掛けた。

 肩甲骨と背骨が肩の関節痛に影響することを指摘。リハビリの方法や、正しい姿勢の維持に向けたセルフエクササイズも紹介した。

 また、日野和典・同センター長が「治して充実! 膝の痛み」と題して講演。膝に起こりやすい疾患や手術療法の種類を解説した。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。