ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
423日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

舞台芸術 東温で学ぼう

アカデミー開講 歌や演技 俳優らが指導

2019年4月15日(月)(愛媛新聞)

経験豊富なプロの指導が受けられる「とうおん舞台芸術アカデミー」=4月上旬、東温市見奈良

経験豊富なプロの指導が受けられる「とうおん舞台芸術アカデミー」=4月上旬、東温市見奈良

 舞台芸術に携わる人材を育てる「とうおん舞台芸術アカデミー」が今月、東温市見奈良の東温アートヴィレッジセンターに開講した。隣接の坊っちゃん劇場で活躍する俳優らが指導し、目指すのは地産地消型の育成システム。歌やダンス、演技など舞台芸術の構成要素を総合的に学べるレッスンを随時行っている。

 文化芸術を柱に多様性と創造性にあふれた町づくりを目指す同市の「アートヴィレッジとうおん構想」の一環。センター主催事業で、2018年に同市に移住した演出家、忠の仁(ただのじん)がアカデミー長として総合指揮を執る。

 月替わりの特別講座を含め6ジャンルから成り、ジャンルごとに「舞台演技入門」や「ゼロから始める歌の講座」、「ジャズダンス(初級~初中級)」「ミュージカル演技実習」などのレッスンを設けた。希望者には子どもから大人まで幅広く門戸を開放する一方、本格的にプロを志す人向けのアドバンスコースも6月をめどに新設する。

 講師は忠のアカデミー長のほか、劇団四季出身で坊っちゃん劇場作品への出演経験がある村中弘和や、同市を拠点に活動する世界劇団の高山力造らが務める。

 同アカデミーは「一般的なレッスンと異なるのは、地元で活動するプロの講師陣が、芸術による未来の町おこしを支える人材を育てていくこと」と特色をアピール。忠のアカデミー長は「この町を舞台芸術の聖地にしたい。アカデミーから未来のミュージカルスターの卵が旅立ち、また坊っちゃん劇場の舞台に帰ってくるようになれば」と青写真を描いている。

 受講資格は小学4年生以上(3年生以下は要相談)。入会金5千円(坊っちゃん劇場鑑賞券1枚付き)が必要で、レッスンは1回1500円。8回分をまとめたレギュラーパス(1万円)や1カ月無制限に受講可能なアドバンスパス(1万2千円、同券1枚付き)もある。問い合わせはシアターNEST=電話089(990)7210。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。