ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
423日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

5月12日・愛南でコンサート

音楽は世界を繫ぐ クラリネット 五島亜希子(愛南出身)出演

2019年4月15日(月)(愛媛新聞)

「ジャンル、国境、時空を超えたボーダレスな音の旅に一緒に出ましょう」と語る五島亜希子

「ジャンル、国境、時空を超えたボーダレスな音の旅に一緒に出ましょう」と語る五島亜希子

 音楽を通して国境や心の壁といったボーダーを取り払おうと訴え、世界で活動する音楽家たちのコンサートが5月12日午後5時から、愛南町御荘平城の御荘文化センターで開かれる。同町出身のクラリネット奏者でアフリカ・ジンバブエ在住の五島亜希子が出演、「世界の広さ、明るさ、楽しさにフォーカスした音楽を味わって」と呼び掛けている。

 五島は済美高音楽科や洗足学園音大で学び、2018年に夫の転勤に同行し同国に移住。「アフリカの音楽家の想像以上のレベルに刺激を受け」、昨年から「アートが世界を繫(つな)ぐ、平和を紡ぐ」と銘打つプロジェクトを本格化。経済的に困窮しても、精神的には充足するアフリカの生活に心打たれ、アートで現実を伝えたいと日本、イタリアなどの音楽家と世界各地で演奏活動を続ける。

 「甘い記憶」と題した福岡、京都、東京を回るツアーの一環。映画音楽やオリジナル曲を中心に、ショスタコービッチ「ワルツ2番」、モンティ「チャルダッシュ」などを演奏。日本のピアニスト佐々木洋子、イタリアのアコーディオン奏者コラッド・メディオリとギタリストのアンドレア・バレリがアンサンブル。デュオやソロのパートもある。

 入場料は一般3千円、高校生以下1500円。問い合わせは中沢=電話090(3460)2121、メールawapuhi02115774@gmail.com

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。