ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
522日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

with 愛媛FC

スタート地点 丹羽詩温

2019年4月13日(土)(愛媛新聞)

岐阜戦で約1年ぶりのゴールを決めた丹羽詩温

岐阜戦で約1年ぶりのゴールを決めた丹羽詩温

 4試合ぶりの先制点は、間違いなくチームを勢いづかせた。前節岐阜戦の試合開始直後、丹羽詩温のインターセプトから始まった攻撃。長沼洋一が右サイドからペナルティーエリアにドリブルで切り込み、ゴール前へパス。河原和寿がつぶれ役となり、浮いたボールを丹羽が左足ボレーで押し込んだ。

 丹羽のゴールは、昨季第5節の新潟戦以来、実に約1年ぶり。1年目の2017年に7得点を挙げたセンターフォワードは、競争激化による出場機会の減少とサイドへの転向に伴い、昨季は葛藤の1年を過ごしていた。

 岐阜戦は今季開幕戦以来のスタメンで、練習でも長らくやっていなかったシャドーでの起用だったが「結果が出なかったら、またサブかメンバー外かの立ち位置になってしまう」。その危機感が献身的な守備をゴールに結びつける冒頭のプレーにつながった。

 結果を出したことで「自分の起用法が広がったし、チーム内での価値が少し高められた。スタメンを争っていける位置に戻った」と自信を深めた。ただ、あくまでここはスタート地点。丹羽は冷静に付け加えた。「次のスタメンが確保されたわけではない。何があってもぶれずに全力でやり続ける」

    関連・チーム名鑑

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。