ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1015日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県内分2億3804万円

共同募金51カ所に配分 松山で交付式

2019年4月10日(水)(愛媛新聞)

目録を受け取るエコステーションはるかすの桧垣久美子さん(右)

目録を受け取るエコステーションはるかすの桧垣久美子さん(右)

 2018年度に赤い羽根共同募金で集められた愛媛県内分2億3804万5880円の配分金交付式が9日、松山市持田町3丁目の県総合社会福祉会館であった。県内の社会福祉団体など計51カ所に配分され、児童養護施設で暮らす子どもの自立支援や障害者施設の車両購入費などに充てられる。

 1947年から福祉推進を目的に、ボランティアが各家庭を回る戸別募金や街頭募金で集めてきた。県共同募金会(薬師神績会長)によると、近年は寄付先の多様化などで減少傾向にあり、18年度は前年度比746万4245円減と目標額に届かなかった。

 式では、配分先を代表してエコステーションはるかす(今治市)管理者の桧垣久美子さんが目録を受け取り、「多くのみなさんの善意に感謝し大切に使わせていただく。社会に貢献できる作業所になるよう努力する」と謝辞を述べた。

    この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。