ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1021日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

患者支えるプロ目指す

四国中央医療福祉総合学院で入学式

2019年4月8日(月)(愛媛新聞)

目標に向かって精進することを誓う四国中央医療福祉総合学院の新入生代表

目標に向かって精進することを誓う四国中央医療福祉総合学院の新入生代表

 四国中央医療福祉総合学院の入学式が6日、四国中央市中之庄町の同学院であった。6学科の計181人が医療や福祉のプロを志し、新たな道を歩み始めた。

 新入生や保護者ら約300人が出席。西山直志学院長が式辞で「努力と感謝の気持ちを忘れず、何事も前向きに考えて目標に一歩一歩前進してほしい」と述べた。

 学院は同市の学校法人RWFグループが運営。2014年4月に県立専門学校から移譲された看護のほか、理学・作業療法など全日制4学科と、社会福祉など通信制2学科がある。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。