ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
128日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

えひめ県議選2019

県内政党・団体所感

2019年4月7日(日)(愛媛新聞)

 7日の県議選投開票に向けた9日間の選挙戦が終わった。県内の主な政党・団体関係者が所感を語った。

 

◆豪雨復旧を最優先◆

 【自民党県連の戒能潤之介幹事長】 各候補者がそれぞれの地域が抱える課題の解決を訴えた。党としては、西日本豪雨災害からの復旧・復興を最優先に位置付け、県行政と一体となり取り組みたい。

 

◆向かい風は感じず◆

 【立憲民主党県連の福田剛幹事長】 候補者を身近に感じてもらえるよう会員制交流サイト(SNS)を活用した。向かい風は感じておらず、安倍政権に批判的な有権者らが、立憲民主に投票すると信じている。

 

◆1議席死守へ全力◆

 【国民民主党県連の渡部昭幹事長】 公認候補を1人しか擁立できなかったのは力不足だが、1議席死守に向け、愛媛の発展を訴えた。続く参院選で野党がまとまり、安倍政権打倒につながるよう活動したい。

 

◆持ち味訴えられた◆

 【公明党県本部の笹岡博之代表】 支援者に心より感謝を申し上げたい。公認が3人から2人に減り厳しい戦いだったが、防災減災や福祉医療などの分野で、党の持ち味を有権者に精いっぱい訴えられたと思う。

 

◆消費増税反対訴え◆

 【共産党県委員会の林紀子委員長】 消費税増税反対、原発廃炉、加計学園問題徹底解明などの公約を掲げ、共感を広げる努力をしてきた。暮らしの不安や、安倍政治への怒りから、共産への期待が寄せられた。

 

◆党の存在感高める◆

 【社民党県連の石川稔幹事長】 2議席の取りこぼしがないよう新居浜市、今治市、上島町で頑張ってきた。参院選に向けて今後も県内で党の存在感を高め、中村県政にも緊張感を持って是々非々で臨みたい。

 

◆地域や政策第一に◆

 【愛媛維新の会の横田弘之代表】 これからは地方の時代だ。国政政党に縛られずに地域政党として、地域や政策を第一に考えている。地方の主体性を大事にし、住民に寄り添った政策を実現させたい。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。