ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
620日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

6月30日まで JR松山駅前市営駐輪場など

無施錠自転車の盗難なくせ えひめの愛錠ロック作戦開始

2019年4月7日(日)(愛媛新聞)

無施錠の自転車の防犯登録情報を調べる県警生活安全企画課員ら

無施錠の自転車の防犯登録情報を調べる県警生活安全企画課員ら

 無施錠の自転車に警察官がワイヤロックで鍵を掛ける愛媛県警の「えひめの愛錠ロック作戦」が5日始まった。警察官ら約10人が松山市南江戸1丁目のJR松山駅周辺で広報チラシを配り、乗降客らに作戦を説明した。

 作戦期間は6月30日までの約3カ月間。県警生活安全企画課員と松山東署員がJR松山駅前の市営駐輪場と、キスケBOX駐輪場(宮田町)を不定期に見回り、所有者に連絡して鍵を掛け、解錠方法も伝える。ワイヤロックは、セキスイハイム中四国愛媛支社が社会貢献活動の一環で提供した。

 5日は、署員らが駐輪場の利用者らにチラシを配布したほか、自転車の施錠率調査を行った。市営松山駅前第4駐輪場では219台のうち5台が無施錠だった。

 2018年に県警が把握した自転車盗難1390件のうち、7割超が無施錠で、全国平均の約6割を大きく上回っている。古川久一・県警生活安全部参事官は「鍵を掛ければ盗難率が下がる。身近な犯罪である自転車盗難を減らし、安全安心な社会づくりの意識向上にもつなげたい」と話した。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。