ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1116日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

春季四国高校野球・県大会

第4日 準決勝【今治西 8-1 宇和島東】今治西コールド勝ち 宇和島東、遠い追加点

2019年4月4日(木)(愛媛新聞)

【今治西―宇和島東】2回表今治西2死二、三塁、今村が右前に先制の2点適時打を放つ=坊っちゃんスタジアム

【今治西―宇和島東】2回表今治西2死二、三塁、今村が右前に先制の2点適時打を放つ=坊っちゃんスタジアム

 【評】今治西が二回から4イニング連続で得点を重ねて押し切った。

 二回2死二、三塁で今村が右前適時打を放ち2点を先制。3―1の四回には、山本の右犠飛と深川の右前適時打で2点を追加した。投げては先発村上が8奪三振の力投で、7回1失点にまとめた。

 宇和島東は0―3の三回、2死一塁から森田の適時三塁打で1点を返した。しかし、四回以降は三者凡退を3度喫するなど、追加点が遠かった。

 

◆序盤は力が入った◆

 【今治西・村上投手】(7回1失点の好投)「序盤は力が入ってボールが先行し四球を出すなど、守りに悪い影響を与えてしまった。中盤からはカーブを使って投球の幅を広げることで、うまく抑えることができた」

 

◆決勝では足生かす◆

 【今治西・山本中堅手】(2安打2打点の活躍)「前の試合ではチャンスに凡退していたので、ボールを見てしっかりと来た球を打ち返すことを意識した。決勝では持ち味の足を生かしてチームに貢献したい」

 

◆力強くスイング◆

 【宇和島東・森田左翼手】(三回、チーム唯一の得点となる適時三塁打を放つ)「ライナー性の当たりを打とうと力強いスイングを心掛けた。相手投手は以前に見たときより、球が速く、スライダーにキレがあった」

 

【相手投手に素早く対応 今治西】 

 昨夏、昨秋の県大会で4強の壁を越えられなかった今治西。宇和島東との準決勝では、相手投手に素早く対応し、6年ぶりの春の頂点へ前進した。

 宇和島東の先発土居は、試合開始直後の初球で137キロを計測。それでも先頭打者の今村は「特に数値には驚かなかった」と落ち着いていた。ボール球を見極めて四球を選ぶと、第2打席では打撃で結果を残した。

 二回2死二、三塁のチャンスで、今村は「とにかく大振りしないこと。一発狙いではなく、しぶとくつなごう」。4球目、内角低めへのチェンジアップを捉えると、一、二塁間を鮮やかに抜く右前打で2点を先制した。5―1の五回にも、継投したばかりの2番手投手から適時二塁打を放ち、試合の流れを決定づけた。

 「このチームで初めてベスト4を越えた」と喜んだ今村。主将の深川も「初回から出塁してくれるので、クリーンアップも打ちやすい」と信頼を置く。決勝に向けて今村は「挑戦者の気持ちを忘れず、しぶとくつなぐ全員野球をしていきたい」と気を引き締めていた。

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。