ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1023日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

中予5カ所 本年度から 小学生以下対象

四国IL 野球スクール開校へ

2019年4月3日(水)(愛媛新聞)

野球スクールを開校する愛媛MPの薬師神績球団社長(左)とリーフラスの野村裕芳中四国エリアマネジャー=2日、松山市東石井6丁目

野球スクールを開校する愛媛MPの薬師神績球団社長(左)とリーフラスの野村裕芳中四国エリアマネジャー=2日、松山市東石井6丁目

 四国アイランドリーグplus(IL)は2日、子ども向けスポーツスクールを全国展開するリーフラス(東京)と連携した野球スクールを県内で開校すると発表した。定期的に愛媛マンダリンパイレーツ(MP)の選手を派遣し、野球やチームに親しんでもらう狙い。

 四国ILは2017年3月にリーフラスと業務提携。スクールは香川県で先行実施しており、19年度から愛媛県と徳島県に広げる。愛媛県ではリーフラスが5年前から独自で開いていたスクールを愛媛MPと協同運営する。

 対象は小学生以下。キャッチボールやリズム運動のほか、野球を通じて運動が苦手な児童の身体活動を促すことが主な目的。会場は松前、久米、道後など中予5カ所、愛媛MPの選手派遣は月計2、3回で、今後拡大する方針。公式戦への招待やエスコートキッズを務めるなど特典も検討中で、5月中旬から体験会を開く。月会費は小学生7150円など。

 2日に松山市東石井6丁目の愛媛県民球団事務所で会見した薬師神績球団社長は「長年の経験と実績あるリーフラスと共に、地域の児童の健全育成に協力していきたい」と語った。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。