ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
919日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

甲子園出場経験

松山城南野球部新監督に元修徳高監督・阿保氏

2019年4月2日(火)(愛媛新聞)

阿保暢彦氏

阿保暢彦氏

 松山城南高は1日、野球部新監督に東京の修徳高監督時代に甲子園出場経験のある阿保暢彦氏(45)が就任したと発表した。

 阿保新監督は埼玉県出身。修徳高から駒沢大に進み、1996年から修徳高の軟式や硬式の野球部監督を歴任。軟式で2008、09年に東京代表として全国大会へ、硬式では13年に東東京代表として夏の甲子園に導いた。

 阿保新監督は「甲子園出場という目標に生徒と本気になって取り組みたい」とし、守りや走塁を重視したチームづくりを掲げた。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。