ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
821日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

春季四国高校野球・県大会

第1日 1回戦【松山南 2-10 八幡浜】八幡浜、早々10得点 松山南の反撃届かず

2019年3月31日(日)(愛媛新聞)

【八幡浜―松山南】1回裏八幡浜2死二塁、田中の中前適時打で2―0とする=宇和島丸山球場

【八幡浜―松山南】1回裏八幡浜2死二塁、田中の中前適時打で2―0とする=宇和島丸山球場

 【評】八幡浜が序盤に10点を奪って勝負を決めた。初回、1死三塁から石田の犠飛で先制し、松岡の2点二塁打などで得点を重ねた。二回も毛利や山脇らの適時打で加点。三回は田中の2点二塁打でリードを広げた。

 松山南は二回に内野ゴロの間に1点返し、七回に中村、福垣内、井出の3連打で反撃したが及ばなかった。

 

◆いい流れの試合◆

 【八幡浜・田中三塁手】(2安打4打点)「投手を楽にしてやりたかった。序盤に点が取れ、いい流れで試合に入れたと思う。苦手だった左投手(対策)も練習通りに内側からバットを振って結果が出せたので良かった」

 

◆得点の形つくる◆

 【松山南・灘野主将】(七回コールド負けに)「初回に4点を取られ、次の回も粘りたかったが追加点を許してしまった。好機でもランナーをかえせず点が奪えなかったので、夏に向けて得点の形をつくっていきたい」

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。