ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
620日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

「のぼ亭KID’S」1期生卒業

子供はなし家、爆笑の渦 小中高生サークルが落語会

2019年3月30日(土)(愛媛新聞)

巧みな話芸を披露する「のぼ亭KID’S」のメンバー

巧みな話芸を披露する「のぼ亭KID’S」のメンバー

 松山市の小中高校生でつくる落語サークル「のぼ亭KID’S」の落語会が28日、松山市北持田町の県生活文化センターであり、子供はなし家5人が巧みな話芸で約70人を笑いの渦に巻き込んだ。

 「のぼ亭KID’S」は、子規記念博物館(松山市)が毎年夏に開催する「子規ジュニア研究講座」の元受講生らで結成し、福祉施設で披露するなどしてきた。単独の落語会開催は3回目で、今回は進学でサークルを去る1期生の最後の公演となった。

 会では、和服に身を包んだ中学3年生から高校3年生のメンバーが、古典や創作落語を披露。身ぶり手ぶりを交え、声色も変えながらの芸に、来場者は時に大笑いし、時にじっと聞き入り、子供たちがつくり出す世界に引き込まれていた。

 今回が卒業公演となった「のぼ亭お庭」こと新田青雲中等教育学校6年の男子生徒(18)は「『のぼ亭』を卒業するのは悲しいが、たくさん笑ってもらってうれしかった。大学に進学しても落語を続ける」と晴れ晴れとした表情で振り返った。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。