ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1020日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

けんじーにょの野球道

①入門編

2019年3月27日(水)(愛媛新聞ONLINE)

 愛媛マンダリンパイレーツ(MP)の広報担当、けんじーにょ、こと藤長賢司さんが、「野球」の基礎知識を解説。初回は「野球を見たことがない」「ルールを知らない」という方向けの「入門編」。スタジアムでより楽しく、野球を観戦していただくために、野球のルールを解説していきます。

 

 

 

まずは、野球を見るうえでのポイント。

①    チーム同士で対戦

②    ②9イニングの間、攻守を繰り返す

③    得点を多く入れたチームの勝ち

 

 まず、イニング表。対戦相手が左に書かれてあります。イニングが1~9まで書かれています。上段が表の攻撃、下段が裏の攻撃となります。イニングの欄には得点が書かれています。

 

 どうすれば得点が入るのかを説明します。

 こちらが野球の試合を行うフィールド。攻撃と守備のチームに分かれています。

 守備のチームは、ピッチャー、キャッチャー、ファースト、セカンド、サード、ショート、レフト、センター、ライトと、フィールドの中に9人が守備位置について守ります。

 攻撃側は、バッターが立ち、ピッチャーが投げたボールを打って走ります。点は、1塁、2塁、3塁を回ってきて、ホームベースに帰ってきたら1点となります。

 野球は、攻撃のチームは一人でも多くのバッターがホームベースに帰ってくることを目指す、守備のチームは、ホームベースに帰ってくるバッターをできるだけ減らすスポーツです。

    関連・チーム名鑑

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。